島田市観光協会公式サイトへようこそ!大井川流域の島田・金谷・川根地区を中心に、SLや茶畑、伝統の祭り等、見所満載の観光情報やイベントをご案内します。
ホーム > 金谷の民話「洞善院の馬頭観世音」
〒428-0047 静岡県島田市金谷新町14-2
〒428-0104 島田市川根町家山1173-1
金谷の民話「洞善院の馬頭観世音」

洞善院の馬頭観世音


昔、金谷に清八と言う者がおりました。

ある日、一人の六部(旅の修行僧)が清八のところへやって来て、一晩泊めてくれと頼みました。

気の良い清八はお安いご用だとその六部を泊めました。

ところが、これが悪い奴で夜中にふとんを盗み出し、引っかついで忍び足で逃げ出しました。

ちょうど馬小屋の前まで来ると、そこにいた馬が、ふとんの端をくわえて引き止めました。

驚いた六部がジッと六部を見て、

「おれは長らくこの家に飼われている馬だ。今お前が主人のものを盗み出すのを見て、見ぬ振りすることは出来ん。
しかし、ここに一つ頼みがある。
ほかでもないが、おれには今死期が来て、間もなく死ぬるが、お前はこのおれが、畜生道から免れて、来世は人間に生まれ変われるように弔って葬ってくれないか。
頼みというのはこの事だ。」

と人語で言うので、六部は縮み上がって元の寝間へ帰り、マンジリともせず、夜の明けるのを待ちました。

そして夜が明けるとさっそく清八のところへやって来て、昨夜のてん末を告げて罪をわびました。

清八も驚き、何はともあれ、その馬の所へ行って見ようと、二人で馬小屋に来て見ると、馬はすでに倒れて死んでいました。

清八は日ごろ信仰する洞善院に来て、住持に委細を話し、その馬の死骸を葬り、ねんごろに供養を営んでやって、そこに一基の馬頭観世音を建ててやりました。

(武市光章著「大井川物語」より)

PAGE TOP