一般社団法人島田市観光協会公式サイトへようこそ!大井川流域の島田・金谷・川根地区を中心に、SLや茶畑、伝統の祭り等、見所満載の観光情報やイベントをご案内します。
ホーム > 観光情報 > 曹洞宗 林入寺(りんにゅうじ)
曹洞宗 林入寺(りんにゅうじ)
所在地 〒427-0058 静岡県島田市祇園町8512−1
電話番号 電話:0547-35-0108
FAX:0547-35-0145
駐車場 有り
ジャンル
歴史
神社・仏閣
花・木・自然
施設説明

島田の民話に登場する薬梅があるお寺


曹洞宗静居寺の末。山号は仏殿山。

本尊は聖観音菩薩。


伝説『林幽寺の薬梅(くすりうめ)』※林入寺公式HPより借用

寛保二年(1742)七月。天王村の林幽寺(今の祇園町・林入寺)の和尚さんは、ある夜、本堂の前に一本の梅の木が生えてきて、美しい花を咲かせる夢を見た。

翌朝、和尚さんが朝のおつとめに本堂へ行ってみると、夢に見た梅の木が、枝を下向きにして立っていた。

「夕べの夢は正夢だったか。不思議なこともあるもんじゃ」

和尚さんは、喜んでこの梅の木を大切に育てた。

ある年のこと。島田の宿に、流行病が出た。それは、たちの悪い風邪だった。たちまち宿場うちに広がって、どこの家でも病人をかかえて困り果てていた。

医者は大忙しで、病人みんな診るほど手がまわらない。

ある夜、和尚さんの夢まくらに、お寺のご本尊が現れて、

「和尚。宿場のみなの者が病で苦しんでおる。庭の梅の花と葉をせんじて飲ませるがよい。おそろしい流行病もたちまち治るであろう」そう言って、すっと消えていった。

夜があけると、和尚さんは宿場うちに夢のおつげを知らせて回った。

人々は、われわれもとお寺に押しかけた。(こんなに大勢やってきたのでは、間に合わん。たちまち花も葉もなくなってしまうわい)と和尚さんは心配していた。

ところが、とってもとっても、梅の花も葉もなくならない。(ご本尊の御利益じゃ)和尚さんは、手を合わせ、お経を唱えた。

梅の花と葉をせんじて飲んだ病人たちは、たちまち起きだせるようになり、流行病は梅の木のおかげでぴたりと収まってしまった。人々は喜んで、お寺にお参りしていった。

その後、この梅の木を「薬梅」と呼ぶようになったという。

 

鬼平犯科帳に登場

林入寺は池波正太郎原作の鬼平犯科帳に登場しています。

 


林入寺HP

画像をクリックすると拡大表示されます
交通案内
公共交通機関 島田駅より1.1km・徒歩約15分
周辺の観光スポット
所在地
〒427-0058 静岡県島田市祇園町8512−1
島田の民話に登場する薬梅があるお寺 曹洞宗静居寺の末。山号は仏殿山。 本尊は聖観音菩薩。 伝説『林幽寺の薬梅(くすりうめ)』※林入寺公式HPより借用 寛保二年(1742)七月。天王村の林幽寺(今の祇園町・林入寺)の和尚さんは、ある夜、本堂の前に一本の梅の木が生えてきて、美しい花を...
所在地
島田市大津通14-11 (大津通り公園内)
翁遺作印影(篆刻) 山本拝石 1848(天保元年)〜1912(明治45)篆刻家・詩人
島田宿 一里塚 [車:][歩:]
所在地
島田市本通7丁目8406 付近
江戸から数えて五十番目の一里塚が島田宿七丁目にありました。 元禄三年(1690)に描かれた「東海道分間之図」によれば、宿の東から二丁程入った七丁目通りの両側(北と南)にその位置が示されています。 しかし、百年後の寛政年間に作られた「東海道分間延絵図」には一ヶ所のみが記され、榎が植えられていました...
所在地
〒427-0022 静岡県島田市本通6丁目付近(個人敷地内)
問屋場跡(といやばあと)  島田宿の問屋場は現在本通五丁目の中央(Pファイブ駐車場前)にあった。 享和三年(1803)当時の当時の島田宿問屋場の概要については「島田宿書上控」に記載されている。問屋場とは、宿場間公用の旅人、荷物を逓送する事務を司る所である。問屋場は、問屋、年寄、帳付、馬指、歩行割...
所在地
島田市本通5丁目2-2 ぴ~ファイブ ☎0547-34-2233
刀匠島田顕彰碑(とうしょうしまだけんしょうひ) 島田鍛冶が名刀を生み出した場所・2017年に今の場所に復元 島田鍛冶は、室町時代から江戸時代にかけて、東海道島田宿周辺に居住していた刀鍛冶集団で、室町時代から江戸時代まで約450年にわたって刀を作り続けました。江戸時代に五軒の島田鍛冶が軒を連ね...
キーワード検索
KEYWORD
クリア 検索
エリア選択
AREA

カテゴリ絞込
CATEGORY
〒428-0047 静岡県島田市金谷新町14-2
〒428-0008 静岡県島田市竹下62