一般社団法人島田市観光協会公式サイトへようこそ!大井川流域の島田・金谷・川根地区を中心に、SLや茶畑、伝統の祭り等、見所満載の観光情報やイベントをご案内します。
ホーム > 観光情報 > 安田(あんだ)の大シイ
安田(あんだ)の大シイ
所在地 島田市大代字安田(あんだ)
駐車場 駐車場なし
ジャンル
花・木・自然
文化財
施設説明

昭和33年10月30日 県指定文化財(天然記念物)

シイはブナ科の常緑広葉高木で、本州の千葉県以西、四国、九州に分布しています。

安田の大シイは、根回り18.5m、目通り4m、樹高26.9m、枝張り、東西26.3m、南北22.72mで、樹勢はなお旺盛で、根本から幹が分かれています。

おもな枝は、地上1.95mから三本に分岐して、さらに数本にわかれています。

北枝胴回り4m、東枝4.6m、空洞はなく細部の枝はよく繁茂しています。

■島田市博物館ホームページ内 県指定文化財 天然記念物安田(あんだ)の大シイ


金谷の史話、民話、伝説 

金谷宿 昔ばなし 第2集 「大きな二本の木の話」

 むかしむかし、大井川の向う岸に一本の大きなクスノキが立っていました。大井川のこちら側にも、やはり大きなシイノキが立っていました。

 この二本の木は、あばれんぼの大井川をはさんでいつも口げんかをしていました。

シイノキが「おれの方が古くて大きいさ。なにしろ粟ん岳の無限の鐘がゴーンと鳴り始めた時は、おれの生まれたずっと後なんだ」と言えばクスノキも負けずに、「わしの方が古くて大きいよ。駿河山に古墳を造る人たちがエッサカモッサカ土を運んだ時から生きているんだからな」とやりかえします。

シイノキがわめくと、あばれんぼ大井川はやかましさにかんしゃくを起こして、駿河の山にザザザン、ザンザンと波をぶっつけます。クスノキがわめけば横岡や志戸呂の村に、ザーンザ、ザーンザ波をぶっつけます。

このやかましい声とあばれ川の音に駿府のお城のお殿さまはすっかり閉口してしまいました。そして、「二本の木には川向こうでけんかをさせろ。駿河の山は切り離せ」と家来に命じました。

クスノキの立っている山は切り離され、大井川の流れはクスノキより東側に変わりました。二本の木の間には大井川がなくなりました。

クスノキとシイノキが、今まで川だった所を呆気に取られて見つめているうちに、村の人たちはせっせと田を作り畑をたがやし、いくつも村を造りあげました。

人々の働きぶりを見ているうちに、二本の木は気持ちが穏やかになりけんかの事など忘れていました。その後すっかり豊かな心になり、仲直りした二本の木はますます大きくなりました。

行ってごらんなさい。牛尾の山には大きなクスノキが、安田の里にも大きなシイノキがみなさんのことを見守っています。幹に耳をつけて二本の木の昔語りを聞いてみましょう。(作:西村文夫)

発 行:平成7年3月30日

発行者:金谷町長 孕石善朗

発行所:金谷町役場

編 集:金谷町教育委員会

画像をクリックすると拡大表示されます
交通案内
公共交通機関
周辺の観光スポット
所在地
島田市大代字安田(あんだ)
昭和33年10月30日 県指定文化財(天然記念物) シイはブナ科の常緑広葉高木で、本州の千葉県以西、四国、九州に分布しています。 安田の大シイは、根回り18.5m、目通り4m、樹高26.9m、枝張り、東西26.3m、南北22.72mで、樹勢はなお旺盛で、根本から幹が分かれています。 おもな枝は、地上1.95mから...
所在地
島田市大代1285-1
龍燈山 法昌院(りゅうとうざん ほうしょういん) 宗旨:曹洞宗  ご本尊:阿弥陀如来  開基は川井宗仲公で、城跡に文禄元(1592)年精舎一宇を建立。開山は西郷村(掛川)法泉寺八世通山玄達和尚である。明治8(1875)年頃寺子屋から脱し大代小学校を建てたが、初代校長は二十一世通山和尚であった。夢窓国師との...
所在地
島田市大代1882
江戸時代の資源を守る「御林守(おはやしもり)」の歴史を伝える文化財 河村家の発生は永正(室町時代)以前に遡ることができます。 以来代々庄屋をつとめ、江戸時代に入って幕府より禄を受け苗字帯刀を許されて幕府直轄の山林を管理する「御林守」という役職にありました。 この建物は、寛政5年(1793年/江戸...
所在地
島田市大代2459
野守太夫の子供が健やかに育った昔話の残る、親子で遊べるスポット 童子沢親水公園を利用の際は、 新型コロナウイルス感染症対策にご協力頂き、島田市役所HPをご確認下さい⇒こちら お申込み、問い合わせ/金谷体育センター(電話0547-46-4400) 童子沢(わっぱざわ)の渓流沿いに造られた自...
所在地
島田市菊川643−2 (菊川の里会館前)
中納言宗行卿の「辞世の詩」と日野俊基の哀歌 菊川の里会館の入り口横に中納言宗行卿(むねゆききょう)の辞世の詩と日野俊基の哀歌の石碑が建立されています。 菊川の里は、金谷・日坂が東海道の宿場町として繁栄する数百年前の鎌倉時代の初期には既に名の通った「街道の要所」でした。 菊川を有名にし...
キーワード検索
KEYWORD
クリア 検索
エリア選択
AREA

カテゴリ絞込
CATEGORY
〒428-0047 静岡県島田市金谷新町14-2
〒428-0008 静岡県島田市竹下62