島田市観光協会公式サイトへようこそ!大井川流域の島田・金谷・川根地区を中心に、SLや茶畑、伝統の祭り等、見所満載の観光情報やイベントをご案内します。
ホーム > イベント情報 > KADODE OOIGAWA 11/12(木)オープン
1月 January
2月 February
3月 March
4月 April
5月 May
6月 June
7月 July
8月 August
9月 September
10月 October
11月 November
12月 December
〒428-0047 静岡県島田市金谷新町14-2
〒428-0104 島田市川根町家山1173-1
KADODE OOIGAWA 11/12(木)オープン

緑茶・農業・観光の体験型フードパーク KADODE OOIGAWA

KADODE OOIGAWA(かどでおおいがわ)が2020年11月12日(木)にオープンします。同日に施設に併設する大井川鐵道の新駅「門出駅」が開業し、観光案内所兼物産販売所 TOURIST INFORMATION 「おおいなび」も同日オープンします。大井川流域の農業・緑茶・観光の魅力をたっぷり味わえる施設で「飲む/食べる/買う/体験する」ことができる体験型テーマパークです。ぜひお越しください。

「マルシェ」「ドックラン」「キッズエリア」「レストラン」「カフェエリア」


チラシ →  →

●島田市コミュニティバス  夢づくり会館線 

金谷駅方面とKADODE OOIGAWAとのアクセス増強を図ります。ぜひご利用ください。

  • 運行開始日:令和2年11月12日始発便から(オープン予定日)
  • 停留所位置:施設敷地内バスロータリーに設置

令和2年11月12日(木)より、終点の横岡新田からKADODE OOIGAWAへ延伸します。

(令和2年11月12日以降)⇒夢づくり会館線・金谷循環線 時刻表 

問合せ先 島田市役所生活安心課 tel:0547367144

【関連ページ】

 KADODE OOIGAWA facebook ページ

KADODE OOIGAWA オフィシャルブログ

KADODE OOIGAWA Instagram

開催日時 令和2年11月12日(木)オープン
開催場所 静岡県島田市竹下62
アクセス ●新東名島田金谷ICすぐ
●国道1号バイパス大代ICより 車で1.5km 5分
●11/12開業 大井川鐵道「門出」駅下車
●富士山静岡空港より車で約20分/12km
●11/12 より
 島田市コミュニティバスでJR金谷駅前から約20分 
 KADODE OOIGAWA 下車 
 ※開業日に、島田市コミュニティバス 夢づくり会館線 が延伸し KADODE OOIGAWA まで運行します
駐車場 約550台(観光利用客用含む)
お問合わせ 0547-39-4073
WEBサイト https://kadode-ooigawa.jp/
備考 新駅「門出駅」は令和2年11月12日(木)開業します
周辺の観光スポット
所在地
島田市横岡332
無病息災、家内安全の祈願に男子が舞う 全国的にも珍しい里神楽 明応五年(1496)鶴見因幡守(横岡城跡・参照)は、横岡村城の壇の地に築城するにあたり、その鬼門に「鬼門除け」として建立したのが、現在の八幡神社といわれています。 鶴見因幡守は今川氏親の兵に討たれ、横岡城は廃城となり、その後八幡神社...
所在地
島田市島550番地の2
健康で心豊かな生きがいのある生活の場を提供する生涯学習施設 体操やダンス・陶芸等、多目的に利用することのできる複合施設です。 会議やイベント、パーティー、結婚披露宴など多種多様に使用することのできるホールもあります。 和室の部屋を持つ「五和会館」も併設されており、総称で「島田市金谷生...
熊野神社 約[車:][歩:]
所在地
島田市牛尾1438
村の守護神 熊野神社。神社と共にこの地を見守る樹齢400年といわれる大楠が見もの 熊野神社は、慶長元年(1596年)頃、地元住民が熊野神社を産土神(うぶすなかみ)として勧請したのが始まりと言われ、祭神として伊邪那岐尊・伊佐那美尊・須佐之男命の三柱を祀り、例祭は10月17日に執り行われています...
所在地
島田市島651
日を限ってお参りすれば願いが叶う 大井川鐵道日切駅から歩いて数分ほどの所にあるお地蔵様。 「何日に」「何日までに」というように、日を限ってお願い事をすれば願いが叶うと評判が高く、県内外から多くの参拝者が訪れます。 毎月26日には縁日が開催され、年に一度、8月26日の大縁日には、お店も並び...
八雲神社 約[車:][歩:]
所在地
島田市金谷宮崎町71-13
例祭には夜店が並び、近所の人々で賑わう神社 慶長八年(1603)以前は単に金谷宿といい、金谷宿下の産土神として素盞鳴尊を元河原町字松原上に奉斎し、牛頭天王(ごずてんのう)社と称しました。 その後水害にあい寛文元(1661)年六月十日字大覚寺の南山に社殿を造営して遷座奉斎しました。 明治の廃仏毀釈...